なぜ今建築工事を選ぶか select

TITLE建築の魅力①

対応エリア

若いうちに技術をマスターすれば、建築業界で一生働ける手に職をつけられます。スキルがあればどこに行っても仕事があり、収入も高めなので、生活が安定します。

TITLE建築の魅力②

対応エリア

現場の主役である重機に乗ることは、みんなの憧れ。その重機を扱えるようになれば、現場の中心で活躍でき、大きなやりがいにつながります。重機はメカニックな要素が強く、力持ちでどんな作業もこなし、操作するにも面白い乗り物です。また重機がなければ作業が進まないので、重機をマスターしている人は現場で注目され、一目置かれます。建設業務のなかでも、最もものづくりの感覚を感じる作業です。

TITLE建築の魅力③

対応エリア

自分が施工した現場が大きなビルや有名な建物の場合もあり、完成後はひときわ充実感や達成感を感じます。当社では、大手ゼネコン各社から依頼を請けている現場もあり、高輪ゲートウェイ駅建設や、渋谷駅前の再開発、東急プラザ渋谷リニューアル工事、虎ノ門・麻布台再開発などの事業に従事しました。

TITLE建築の魅力④

対応エリア

当社では大手ゼネコン各社の下請け事業を行っていますので、施工管理技士として直接クライアントと対面して仕事を進める業務もあります。営業や施工管理の業務など、現場作業員とは違った道もありますので、さまざまなキャリアを選べるところも魅力の一つです。

TITLE入社後のキャリア①

対応エリア

入社当初は、全員重機のオペレーターとして勤務していただきます。重機で現場に出ることによって、仕事の習得が早くなるため、施工管理の仕事を希望の方も、最初の2年くらいは重機での業務に従事していただきます。 その後、オペレーター業務が希望であればそのまま継続できますが、キャリアアップを目指す方には、職長のポジションに進むこともできます。職長は、現場で指示を出しながら皆を引っ張っていくリーダーの役目です。

TITLE入社後のキャリア②

対応エリア

リーダーシップがある人や事務作業ができる方なら、施工管理の業務に進むこともできます。重機オペレーターを何年も経験してきた人や、大学で施工管理について勉強してきた方も、施工管理の業務に適しています。新卒の場合は、施工管理職を目指していても、最初の2年間は重機オペレーターを経験していただきます。施工管理の業務につきたい方に関しては、経験と適性を重視しています。

BUILDING
WORK建築コラム
COLUMN

京和工業では建築に関するコラムをご用意しています。専門的な内容ですが、どなたでもご理解いただけるように、なるべくわかりやすい表現で書いていますので、是非気軽に閲覧してもらい、皆様のお役に立ていただけると幸いです。