建築コラム

column

土木工事に資格は必要?必要な資格と持っていると良い資格を解説

土木工事にまつわる資格は沢山あります。
ですが、全ての資格を取得するのは大変ですよね。
中には、持っていなくても良さそうな資格もあります。
数ある資格の中から、必要な資格と持っていると良い資格について解説します。

土木工事に資格は必要?必要な資格と持っていると良い資格を解説

土木工事と資格

土木工事とひとことで言っても、様々な仕事に細分化できます。
そのため、土木工事に関わる資格も多岐にわたります。
国家資格だけ数えても、その数60以上になりますし、民間資格も含めれば数え上げるのが困難なほどです。

やみくもに資格を取得しようと思っても、その労力や費用に見合わない結果になることがあります。
未経験からでも土木作業員にはなれますし、資格がなくても仕事はできます。

ですが、資格がなければできない作業や、こなせない仕事があるのも事実です。
作業内容や仕事に応じた資格取得を目指すことが、役立つ資格取得に繋がるのです。

実務経験が必要な資格も多数ある

土木工事に関連する資格の中には、資格取得のための条件があるものが多数あります。
土木関連の知識を必要とする資格の場合、関連学科を卒業していることが条件となっている場合もあります。

このようなケースでも実務経験を積むことで、関連学科を卒業していなくても受験資格が得られる場合も多いのです。

さらに、学歴と合わせて実務経験が必要という資格もあります。
就業前に資格取得を目指すよりも、自分が担う仕事で必要となる資格が何かを把握することの方が大切です。

管理者を目指す場合に取得しておきたい資格

土木作業は、体力的に消耗が激しい仕事です。
年齢を重ねて体力に衰えを感じるようになると、実際に作業に従事するのではなく、管理者として働く人も増えてきます。

管理者となるためには、「土木施工管理技士」「建築施工管理技士」「技術士」「技術士補」といった資格を取得しておくと良いでしょう。
「土木施工管理技士」や「建築施工管理技士」は、主任技術者・監理技術者として活躍するために必要とされる資格です。

「技術士」は、管理業務が担当できる資格で、公共工事を受注する際に技術士がいると加点されるなどのメリットがあります。
建設会社やゼネコンなど、上位の企業への転職も視野に入れられる資格です。
将来独立を目指す人も、これらの資格を取得しておくと有利です。

重機オペレーターを目指す場合に取得しておきたい資格

建設現場で稼働する重機の多くは、公道走行時に「大型免許」や「大型特殊免許」が必要です。
重機オペレーターを目指すためには、これらの運転免許を取得しておくと良いでしょう。

さらに重機の種類ごとに資格や講習の受講が必要です。
まずは1種類の重機にターゲットをしぼり、資格取得を目指します。
同じ重機の種類でも、その大きさ(積載荷重や吊り上げ荷重など)により取得すべき資格や講習の種類が違います。

小型の資格取得や講習受講から始め、スキルアップしながらより大型(大容量)の資格取得を目指すとスムーズです。

  • 車両系建設機械運転技能講習(整地・運搬・積込み用及び掘削用)
  • クレーン・デリック運転士免許(限定なし)

の2つは、ぜひ取得しておきたい資格です。

より専門的な分野を目指すなら

建設や土木の分野には、独占業務といって資格がなければできない仕事がいくつかあります。
「電気工事士」「測量士」「建築士」などがあげられます。
どの資格も取得の難易度は高めですが、取得しておくことで非常に役立つ仕事です。

特に建設や土木の現場では測量を実施することは多いため、測量士の資格は取得しておくと役立ちます。
内装系の仕事なら電気工事士を取得しておくと仕事の幅が広がります。

建設業に携わった経験から不動産取引に興味がわいたという場合は「宅地建物取引士」資格もおすすめです。

作業に必要な資格

土木作業員になるための資格は不要ですが、作業をこなしていくために必要となる資格は多数あります。

  • 玉掛け
  • 溶接
  • 建設用リフト運転
  • 高所作業車運転

これらは、特別教育や技能講習を受講しなければ作業できません。
このような資格は、就職後少しずつ取得していくことが必要でしょう。

メーカーが指定する講習

クロス職人や塗装職人として働く場合、使用する材料によっては、その材料を製造・販売するメーカーが指定する講習の受講が必要な場合があります。
将来独立を目指し、特徴がある素材を活用した営業活動を目指すなら、これらの講習を受けておくと有利に働くでしょう。

まとめ

土木関連の資格は、100以上あります。
自分がどのような作業に従事するのか、将来どのような働き方を目指すかにより、取得しておきたい資格は違います。

手間や費用を無駄にしないためにも、将来設計を考えながら取得すべき資格を見つけましょう。

京和工業株式会社では、住宅・建築・土木など、幅広い事業を展開しています。
土木工事に興味がある方は資格支援制度もあるので、お問い合わせください。

BUILDING
WORK建築コラム
COLUMN

京和工業では建築に関するコラムをご用意しています。専門的な内容ですが、どなたでもご理解いただけるように、なるべくわかりやすい表現で書いていますので、是非気軽に閲覧してもらい、皆様のお役に立ていただけると幸いです。