建築コラム

column

ダンプ運転手はきつい?仕事内容を知ろう

道路を走行する車の中でも車体が大きなダンプカー。
「一度は運転してみたい」と思う人もいるのではないでしょうか。
ですが「職業としてダンプ運転手となるのは大変そう、辛そう」と感じているかもしれません。
今回は、ダンプ運転手の仕事について詳しく解説。
その魅力や大変な部分をまとめました。

ダンプ運転手はきつい?仕事内容を知ろう

そもそもダンプカーとは

トラックの中でも「ダンプカー」と呼ばれるのは、荷台を傾けるための装置が付いたものを指します。
荷台を傾け、一気に積載した荷物を降ろす(出せる)のが特徴です。
積載する荷物は、土砂や砕石、アスファルトといったものが多くなっています。

ドライバーが積み降ろしすることはない

積載する荷物が土砂や砕石になることから、ダンプカーを運転する人が荷物を積み降ろしすることはありません。
荷積みする現場にダンプを運転して向かうと、ユンボなどを使用し、荷台に土砂や砕石を積み込んでくれます。
荷降ろしも荷台を傾けて降ろすだけですから、ドライバーが荷降ろし作業をする必要はないのです。
つまり、ダンプ運転士は荷積みや荷降ろしで体力を使うことはあまりないのです。

ダンプ運転手の仕事

ダンプ運転手の仕事は、基本として、時間通りに指定された場所・時間に向けてダンプカーを運転し、到着させることが仕事です。
積載する現場に指定された時間に向かい、積み荷を指定された時間に指定された場所に運び、そこで荷物を降ろします。
安全にダンプカーを走行させ、決められた時間通り決められた場所に移動するのが主な仕事なのです。

ダンプ運転手が大変な理由

荷積みや荷降ろしをしなくてもすむ点は、他のトラック運転手に比べると楽に感じる部分です。
ですがダンプ運転手だからこその大変な部分がいくつかあります。

待機時間が長い

ダンプカーに、積み荷となる土砂や砕石を積み込む場合、主に山間部などにある採石場などに行き、荷物を積んでもらう必要があります。
場合によっては掘削現場ということもあるでしょう。
積み荷の現場には多くのダンプカーがやってくるため、自分の車へ荷物を積載するまで待つ必要があります。

近年では環境保護のため、待ち時間のアイドリングが禁止されている場合もあります。
アイドリング禁止でも、順番に荷積みをするため、ダンプカーの運転席から離れるわけにはいきません。
季節によっては酷暑や極寒に耐える必要があるでしょう。
これは荷降ろしの際も同じです。
大きな現場となれば待機しているダンプカーの台数が多いため、待機時間が長い場合もあります。

1日何往復もしなければならない

一般的なルート配送のトラックの場合、1日に同じルートを何往復もすることはないでしょう。
ですが、ダンプ運転手の場合は、積み込み場所と荷卸し場所を1日に何往復もしなければならないことがあります。
単調な仕事になりやすいため、飽きを感じることもあるでしょう。

深夜早朝の勤務が多い

現場にもよりますが、ダンプカーに積載する土砂や砕石を必要とするのは、道路工事現場や建設現場でしょう。
荷降ろしする現場によっては、日中は大型ダンプの走行ができない場所や、現場そのものが深夜から早朝にかけて動いている場合があります。
当然、その現場に合わせて荷物を運ぶ必要があるため、ダンプ運転手の勤務時間も深夜早朝となる場合が多くなります。

気を遣うことが多い

ダンプカーは大型車両であるため、現場によっては走行時間に決まりがあります。
例えば住宅街などが近い現場では、近隣住民との協議により朝夕など交通量が多い時間帯の走行が禁止されている場合があります。
また住宅街では周囲に迷惑を掛けないよう、走行速度などにも気を配る必要があるでしょう。
車体に対して狭い道路を走行しなければならない場合もありますし、安全走行の徹底や待機場所の遵守など、気を遣うシーンが多いことが想定されます。

ダンプ運転手だからこその魅力

ダンプカーの運転は大変な部分がありますが、ダンプ運転手だからこそ感じられる魅力もあります。

待ち時間は自由に過ごせる

待機時間は運転席にいることになりますが、過ごし方は自由です。。
スマートフォンやタブレットで動画を視聴していても、注意されることはないでしょう。
エンジンを切っても快適に過ごせる環境を整えることができれば、好きなことをしながら待ち時間を過ごせます。

体力の消耗は少ない

基本的に荷積みはしてもらえますし、荷降ろしもボタン一つで済んでしまいます。
手積みや手降ろし、自分自身で荷物を運ぶといった作業はないため、体力の消耗は少ないでしょう。
このため、ダンプ運転手として活躍する女性や高齢の運転手はたくさんいます。

車内では自由に過ごせる

ダンプ運転手の仕事場は、当然ダンプカーの運転席です。
基本的には、仕事中は1人で過ごすことが多く、周囲に気を遣う必要がありません。
車内も自分が好きなようにアレンジできる場合もあるため、好きなアーティストのポスターや写真に囲まれて仕事するといったことも可能です。

比較的高給

ダンプ運転手の給与は、一般的な会社員の2倍になる場合があります。
ダンプカーは深夜走行などが求められることがあるため、深夜帯は給与が高くなるためです。
また待機時間も給与が発生します。
「運転席で」という制限はありますが、自分が好きなように過ごせる時間帯にも給与がもらえる点は大きな魅力でしょう。

まとめ

ダンプ運転手はキツイといわれる仕事の1つです。
確かに大変な部分はありますが、待機時間を快適に過ごすことができれば、給与も高く、満足度の高い仕事と感じられるでしょう。
ダンプ運転手は離職率が低いともいわれ、慣れてしまえば続けやすい仕事です。

京和工業株式会社では、住宅・建築・土木など、幅広い事業を展開しています。
建設業界やダンプカーを運転する仕事に興味がある方は、お問い合わせください。

BUILDING
WORK建築コラム
COLUMN

京和工業では建築に関するコラムをご用意しています。専門的な内容ですが、どなたでもご理解いただけるように、なるべくわかりやすい表現で書いていますので、是非気軽に閲覧してもらい、皆様のお役に立ていただけると幸いです。