建築コラム

column

重機オペレーターはきつい仕事?どのような仕事か解説

工事現場ではさまざまな重機が活躍します。
この重機を操縦する仕事に従事する人を「重機オペレーター」といいます。
力仕事ではないため体力的な負担は少ないですが、仕事がきついと感じる人は少なくありません。
重機オペレーターとは実際にどのような仕事なのか、大変なのはどのような点なのかを解説します。

重機オペレーターはきつい仕事?どのような仕事か解説

重機の種類

建設現場で利用されているさまざまな機械。
建設現場で活躍するこれらの機械類の中でも、自走する建設用機械であり、なおかつ無人で動くものを除いたものが一般的に重機と呼ばれます。
例えばユンボ(ショベルカー)やフォークリフト、クレーン車などが重機といわれるものです。
無人で動くものではないため、必ずこれらを操縦する人が必要となります。
つまり重機を動かすためには、操縦する人、つまりオペレーターが必要です。

重機の種類や最大荷重ごとに資格や免許が必要

さまざまな種類がある重機は、それぞれの種類ごとに操縦するための資格や免許が必要です。
例えばクレーンの場合。
吊り上げ荷重5t未満の小型移動式クレーンのオペレーターとなるためには、小型移動式クレーン運転技能講習を受講しなければなりません。
もし吊り上げ荷重5t以上の移動式クレーンのオペレーターとなるなら、移動式クレーン運転技術講習を受け、試験に合格し、免許を取得する必要があります。
クレーンだけでも資格や免許は複数あるのです。

現場では1種類の重機だけではなく、複数の重機が活躍します。
さまざまな重機を操縦するためには、種類や最大荷重ごとに複数の資格や免許を取得しておく必要があります。

付随する資格や免許の取得も必要

重機そのものの操縦以外にも、重機を使用し作業するために必要となる資格があります。
また、車両基地から現場まで移動させる際には、重機の規模に合わせた運転免許も必要です。
重機オペレーターとして活躍するためには、これらに付随する資格や免許の取得も必要です。

重機オペレーターの仕事がきつい点

実際に土木作業員として現場で働くのに対し、重機オペレーターは体力的な消耗は少ない仕事になります。
年齢を重ね、力仕事が難しくなってくるベテラン土木作業員が、こつこつと資格や免許を取得し、重機オペレーターとして活躍することが多いのはこのためです。
ですが、体力の消耗以外にも、重機オペレーターだからこそのきつさがあると言われています。
ではどのような点がきついのでしょうか。

座り仕事がメインで腰や肩を痛めやすい

重機オペレーターの仕事は、基本的に操縦席に座り作業することになります。
そのため、同じ姿勢を続けることが増えるため、事務所で仕事する人と同じように、腰や肩を痛める人が多くなります。
これは同じ姿勢を続けることで血行が悪くなることや、運動不足気味となることが原因となります。

危険と隣り合わせである

それぞれの重機ごとに、その操縦には資格や免許が必要です。
これは操縦に専門的な知識や技術力を要するためです。
重機は、人が手作業で実施するのに比べ、はるかに効率よく作業が進められる機械です。
一方で、操作を誤ると大事故につながる可能性があるため、常に危険と隣り合わせという緊張感を持って業務に当たらなければなりません。
体調不良の状態では適切な判断ができないため、常に体調管理にも気を付けなければなりません。
気持ちの上で、緊張が強いられる仕事です。

覚えることが多い

現場で幅広く活躍するためには、さまざまな種類の重機が操縦できるよう資格や免許を取得する必要があります。
資格や免許の取得に際しては、講習や試験などを受ける必要がでてきます。
当然勉強することや覚えることが多くなってきます。

現場での土木作業員は比較的若年層の人が多くなりますが、重機オペレーターはベテラン作業員が徐々に転身するケースが多い特徴があります。
年齢を重ねるとどうしても記憶力も低下しやすく、覚えることが苦手と感じる場合も増えてきます。
これらを乗り越え覚えなければならない点に、きつさを感じる人は多くいます。

重機オペレーターはやりがいがある

仕事にはきつい部分がありますが、一方で重機オペレーターを目指す人が多いのは、それだけ魅力的な部分もあるからでしょう。
資格や免許を取得することで、資格手当などがプラスされ、給与が高くなることも多くなります。
また体力的な衰えを感じても、土木作業員として働き続けられる点も魅力です。
重機オペレーターは現場では欠かせない人材です。
現場で頼りにされるという点で、非常にやりがいを感じやすいポジションとなります。

まとめ

重機オペレーターは現場で大きな機械類を操縦し、作業を効率よく進めるために欠かせないポジションです。
きついと感じる部分はありますが、やりがいを持って仕事に取り組む重機オペレーターは多くいます。

京和工業株式会社では、住宅・建築・土木など、幅広い事業を展開しています。
重機オペレーターの仕事に興味がある方はお問い合わせください。

BUILDING
WORK建築コラム
COLUMN

京和工業では建築に関するコラムをご用意しています。専門的な内容ですが、どなたでもご理解いただけるように、なるべくわかりやすい表現で書いていますので、是非気軽に閲覧してもらい、皆様のお役に立ていただけると幸いです。